Vol.2 ダンゴのカッツケが好調!滋賀県甲南へらの池

甲南へらの池もすっかりダンコの季節になりました。

今の季節、タナ規定がない大会ならカッツケが有利です。

29日は55.6キロ出ました。ただ、決まりエサでガンガン釣れるものではないようです。

へらの寄りやわき方が日毎、時間ごと変わるので、それに柔軟に対応できる人が上位になります。
チョウチンでも、沖を狙ったペレ宙でも釣れていて、5位以内に入っていますので、カッツケじゃないと釣れない訳ではありません。


私の釣果は大したことないですが感じることは、ダンコもペレ宙もエサは軽めがいいと思います。
大きめのウキでタナに入れて長ハリスで追わせる釣りとは逆の傾向かとも感じてます。
セット、例えばトロ巻きでも、ドンと入れて…ではなくなったな…と思います。
しかし、相当量のヨタベラがカラツンを出しますので、そいつらをギリギリかわせるセッティングが必要かと思います。

底釣りはよくわかりませんが、年々掘れる量が多くなるように聞きますね。

それはそれで難しいかも知れませんが、底釣り好きの方はぜひ試してみてください。

 

釣果重視でなければ、カッツケから底釣りまで楽しめる同池。

私も真夏の釣りを楽しもうと思っています。

 

エナリのイロメガネ

Mの戯言

釣って食べて楽しんで

Fishin’Sound Machine

リンク